検索
  • takeuchi15

プロバイダーの解約はクーリングオフ?

インターネットのプロバイダーを替えたが、ネットで調べると評判が悪い業者だということで、すぐにクーリングオフをして契約を解除したいという相談がありました。

特定商取引法に基づくクーリングオフ制度では、携帯電話などの通信機器については適用がないのです。

とはいっても解約する方法がない訳ではなく、消費者保護の観点から別の法律(電気通信事業法)に基づいて、やはり8日以内だったらプロバイダーの契約をキャンセルできることをお話ししました。

携帯電話やプロバイダー等の電気通信サービスは電気通信事業法の対象となるのです。


早速手続きを取りたいということで依頼があり、プロバイダーに直接解約の申出をするようアドバイスしたのですが、相談者は慎重な方で念のために内容証明でも送りたいということでしたので、簡単な「e内容証明」を送ることになりました。


クーリングオフを英語で表記するとCooling-offとなりますが、消費者に頭を冷やして良く考え直す期間を与え、業者との間で締結した契約を一定の期間内であれば無条件でキャンセルできるという制度です。主なキャンセル対象は訪問販売や電話勧誘での契約についてです。


対して、携帯電話やプロバイダーのキャンセル(8日以内)は、契約締結後キャンセルできることは一緒ですが、各携帯会社(キャリア)ごとにキャンセルできる条件や範囲が定められているところが違います。また、使用された通話料など、規定でキャンセル対象外となる場合があります。



閲覧数:29回0件のコメント

最新記事

すべて表示

相談内容 (恒例の母親が施設に入所したご家族からの相談です) 入居施設の費用やマンションの管理費など毎月払わなくてはならず、長期間施設に入所すると経済的負担が増えるばかり。今後、母が他界した時に備えてどのような対策を取っておけば良いでしょう。 アドバイス まず、施設に入所している母親が 今後自宅に帰ることができるかどうか確認します。このまま施設に入所するなら費用負担を減らすため、売却、賃貸等何らか

これから事業を始められる方や始めて間もない起業家の皆さんのために、事業計画とライフプランについてお話しします。 1.事業計画とは? 事業を起こすことだけなら、ことは簡単。誰でも始められます。問題は、起業してから仕事をどう継続させ発展させるかです。 それを実現するためには、起業後の経営努力が大事なことは当然として、事業を行う前にもしっかり準備しておくべきことがあります。 それは「6つ要素」で表すこと