ユーカリ行政書士事務所  〒181-0012 東京都三鷹市上連雀8-8-11 

TEL0422-57-7033 FAX0422-47-6503 mail:takeuchi@bc4.so-net.ne.jp

お電話ください
予約受付中
0422
57-7033

 ここ最近、遺言書を作成する人が増えています。テレビや雑誌などでも遺言をテーマにしたものも多くなり、かつての遺言の暗いイメージはなくなってきました。

 遺言を作成する目的には、①遺族らに対し遺産の分配を決めて指示することと、②遺産以外のことで自分の思いや願いを読み手に伝えることがあります。

 ①については法律事項となるため、定められたルールに則った方法で書かないと、遺族間に大変なトラブルの種を残してしまいます。文書としての形式的なものや、相続法が定める相続人の権利についても知っていないと、まったく問題のない遺言書はなかなか書けません。

 ここでは、法律に基づく遺言書の形式や書き方、効果などをご説明いたします。

 実際に書いてみようという場合は、当事務所の無料相談をご活用ください。まずは、お気軽にお問い合わせください。お客様の疑問になるべく分かりやすくお答え致します。

遺言書の留意点

 

   イ遺言書の作成にあたって

   ロ)遺言書の効果は絶対

​   ハ)手書き遺言書は無効?

   二)自筆証書遺言

   ホ)公正証書遺言

1.遺言書について

​遺言書について